江戸時代、領主からのお達しや代官や奉行などからの年貢や助郷、用水などの廻状が村の名主に届くと、コピー機などない当時のこと、名主はその内容をひたすら紙に書き留めました。その書き留めたものは