自然

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

川口市を流れる芝川

 川口市を流れる芝川。上流はさいたま市との市境だが、そこはかつては広大な沼地だった。1600年代、赤山に陣屋を築いた関東郡代伊奈忠治により、その沼地は大きく変貌する。治水事業に長けた忠治は、沼地を大灌
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

初秋を彩る彼岸花

日本の秋を象徴する花の一つ彼岸花は、夏の終わりから秋の始めにかけて葉も枝もない花茎が地上に突出し、先端に複数の花を付けます。群生を楽しむ花でもあり、一斉に開花する様は見応えがあります。県内では、巾着田
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

市内水辺の風景

 2017年夏本番!水遊びが楽しい季節です。泳ぎのための施設ではありませんが、親子で水遊びが楽しめる市内の水辺の風景を探してみました。 ★朝日中央公園(朝日1の3)=夏季は10時~16時に、公園脇を流
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

発足20年を迎え 安行みどりのまちづくり協議会

 川口市北部の「赤堀用水沿い斜面林ふるさとの森」を活動拠点とし、そこに自生するイチリンソウなどの貴重な植物や生物など、里山の自然を保護している「安行みどりのまちづくり協議会」。平成9年10月9日に発足
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

梅雨の時期の立役者・タチアオイ

 梅雨のこの時期に、気象予報士の皆さんが季節を代表する花として注目するタチアオイ。江戸の頃より梅雨入り、梅雨明けの目安とされたそうで、別名‘梅雨葵’ともいいます。タチアオイの株から伸びる花茎は人の背丈
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

ハンカチノキ

白色をしたハンカチノキの花。枝という枝にびっしりと花が付き、風に揺れる様は映画「幸せの黄色いハンカチ」のラストシーンを彷彿させます。原産地は中国四川省。生物学者でもあったフランス人宣教師が中国滞在中に
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

今月で見納め 安行庵

千坪を超す自宅庭を、バラ園として開放してきた「安行庵」(川口市安行吉蔵306)は、今月いっぱいで終了します。 安行庵とは、市内屈指の旧家中山家のこと。当主中山育之さんの祖父や曽祖父の頃は正岡子規や高浜
2 / 3123