歴史

Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

川口にある「電波遺産」6

最近のラジオ放送は、番組毎に、電力の供給先や送信所が明らかにされる。では、放送が始まった頃はどうであったろうか。送信所が愛宕山(東京)から我が街の新郷地域に移されたのは昭和初期。「放送は北足立郡新郷送
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

川口にある「電波遺産」5

昭和13年、放送機技術を極める一人の青年が赤井にやってきた。赤井とは、現在の川口市赤井3丁目。関東一円に電波を送っていた新郷放送所があった場所だ。前年、新郷放送所は10㌔㍗の大電力放送所の使命を終え、
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

川口にある「電波遺産」2

地域のシンボルのごとく建つ高い鉄塔・元JOAK東京放送局新郷放送所は、昭和の初めに赤井に開局した。宕山から地下ケーブルで送られる音声電流を、最先端の技術を駆使して完成した二本の鉄塔の空中線から、関東地
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

川口にある「電波遺産」

川口市赤井3丁目の、地域のシンボルのごとく建つ鉄塔は、文化放送送信所である。鉄塔の下の斜面は市内屈指の桜の名所。見頃の4月には放送所の垣根が開門されて桜祭りが開催される。そのため多くの人々は桜見物の場