フレンチをベースに和の要素も取り入れた創作料理が評判の一樹(川口市中青木1の12の3、電251・6666)。店主の松原清史さんは、さいたま新都心の「フランス料理アルピーノ」で15年間修業を積んだ実力を持ち、料理の一品一品にこだわりを感じさせます。

4月~10月限定で草津の契約農家から完全無農薬野菜を、築地から旬の魚介、フランスからトリュフを直輸入など、厳選した食材を使用し、メニューを作り上げます。

お勧めは、季節の素材を生かしたコースメニュー。「プリンセスコース」3780円、「一樹コース」4320円、「プレミアムコース」5800円、「リュクスコース」9000円。内容も毎回異なるので、いつ来ても楽しめます。コースは来店3日前までに要予約。

ランチは900円~。アラカルトも用意しているほか、奥様が手作りするスイーツも好評です。料理に合わせてワインなどお酒も充実。

店名の「一樹」は「旅人が大きな木の下で一息するように、たくさんの人に集まっていただきたい」と松原さんの尊敬する人から贈られた言葉だそう。店内には秩父から取り寄せた大きな藤の木も。落ち着いた店内で、松原さんが演出する料理の世界を堪能できます。

営業11時30分~14時、17時30分~23時。日曜・祝日定休。

0