YC上青木(川口市前川4の24の12)では10月21日~23日に、上青木中学校1年の男子生徒が「中学生職場福祉体験」を行いました。体験をしたのは中野晴翔君、長南走君、池田玲生君の3人。

初日から新聞を織り込む作業やカレンダーを巻く作業等に取り組んできましたが、最終日には夕刊の配布作業へ。

開始前には「迷子にならないか心配」「初めてなのでイメージがわかない」などと話していた生徒達でしたが、渡辺宏店長から「しっかりポストに入れること、配布先を間違えないこと、人に会ったら挨拶すること」など注意事項について説明を受けると、1人ずつ配布先の地図と夕刊を持ち配布先へと足を運びました。

配布先は1人15軒。どの家に配布するのかが記載された地図を何度も確認しながら、夕刊をポストに。無事に作業を終えると、販売店へと戻りました。

池田君は「道が分かれていてわかりづらいところもありましたが、良い経験ができました」。長南君は「迷ってしまったり大変でしたが、終えることができて良かったです」。中野君は「緊張と不安もありましたが、通りがかった人に頑張ってねと声をかけられたことが嬉しかったです」とそれぞれに感想を語っていました。YC-1

(Visited 156 times, 1 visits today)
0