川口市の北、緑に包まれた安行に、8月紹介のお家カフェ「みせばや」に続き、第2弾「一隅」(川口市安行出羽1の3の24。電298・9060)を紹介します。

同店はこの9月で開店5年目。住宅の一部を改装して作ったといいますが、ご夫妻の趣味があちこちに感じられる佇まいです。何よりも素敵なことは、ご主人が作陶した食器類に、そのご主人がメニューも考案し、調理もするという手作りランチのおもてなしです。

ランチは、自家製和風ハンバーグや鮭のレモン風味ムニエル、豚ロースのごま味噌炒めほかメニューは10種類以上。どれも小鉢4種が付きます。その小鉢に盛り合わせた野菜類は、ほぼ自家栽培。評判のご飯は、親戚から玄米で取り寄せるという100%魚沼産「こしひかり」。「安心してお召し上がることができるように、手作りにこだわっています」とご主人。

お家カフェのスタートは、ご夫妻の定年がきっかけとなり、店名は、現役の頃より学んでいた陶芸教室の看板「一隅」から命名されました。同店への目印は、安行東中校(川口市安行34)。

営業は11時~17時(土曜9時~)。毎週火曜と第1・3月曜定休。

0