「追い風に髪なびかせ宝剣を振り上げる」不動明王立像を所蔵している地蔵院(川口市桜町5の5の39)。鎌倉時代前期に制作された木彫りの像で、運慶・快慶を輩出した慶派の仏師による逸品として高く評価されています。

この不動明王立像が、神奈川県立金沢文庫(横浜市金沢町142)で1月13日~3月11日に開催される「特別展 運慶」で展示されることとなりました。

日本を代表する仏師である運慶と鎌倉幕府との関係や運慶仏が霊験あらたかなものとして信仰されたことに注目して、関連作品を紹介します。

地蔵院の不動明王立像を、運慶・運慶周辺の作品と共に鑑賞できる貴重な機会です。

なお次回の地蔵院での不動明王立像の公開は“お不動様の縁日”である3月28日13時~15時を予定しています(金沢文庫からの輸送の関係により次月になることもあり)。詳細はホームページ(jizouin.or.jp)を。

0