埼玉県花と緑の振興センター(川口市安行1015。電295・1806)では、1月13日から「梅園」を開園中。

「梅園」は、同センターの西園の奥にあり、およそ4000㎡。ここに283本155品種の梅を植栽しています。それらには、早咲き、中咲き、遅咲きといった様々な品種があるため、長期間にわたり観梅を楽しむことができるほかに、「皇后の梅」「八重旭」「蝶の花形」などそれぞれの梅には品種名入りのプレートが付き、花の特徴等も学べます。

「紅冬至(こうとおじ)」「八重冬至」「寒衣(かんごろも)」「寒紅(かんこう)」は4日から開花、「初雁」は満開を迎えています。「他の品種も次々と咲き出し、見頃は2月上旬頃」と同センター。「梅園」の先は洋種ツバキが蕾を膨らませており、「梅園」はツバキが終わる5月上旬まで開園されます。

年末年始除く毎日開園。開園時間は9~3月は9時~16時、4~9月は9時~16時30分。入場無料。

(Visited 98 times, 1 visits today)
0