埼玉県済生会川口総合病院健診センター(川口市西川口5の11の5)は、3月1日~4月28日にピロリ菌検査(血液検査)・脳MRIと人間ドックを組み合わせた健診コースを用意しました。

胃がんなど胃の病気の原因とされているピロリ菌。日本人の2人に1人は感染していると言われています。また胃がん患者の90%以上が感染者であるとの報告もあります。

今回の期間中(3月1日~4月28日)は「人間ドック1日コース+ピロリ菌検査+脳MRI」の健診コースが66420円で、「人間ドック半日コース+ピロリ菌検査+脳MRI」の健診コースが59940円で受けることができます。

「脳MRIでは、脳と、脳の血管の状態を詳しく見て、動脈硬化や小さな脳梗塞、脳出血の跡、脳血管のこぶの有無などを調べ、脳卒中発症の危険度を検査します。特に脳MRIが効果を発揮するのは、日本人の2%~6%が持っているとされる脳動脈瘤。脳動脈瘤が破裂すると、クモ膜下出血を起こし、生命および予後に重篤な影響を与えます。未破裂脳動脈瘤の多くは症状がなく、脳MRIが発見のほぼ唯一の手段とされています。

自身の頭の状態を知ることは大事なことです。年齢に関係なく気になる人は検査することをお勧めします。検査結果に対して疑問点等あれば、わかりやすく説明しますので、お声がけください」と済生会川口総合病院健診センター・センター長の小竹文雄医師。この機会に受診してみてはいかがでしょう。

予約・問い合わせは健診センター(フリーダイアル0120・028・131)へ。平日8時30分~16時受け付け。

0