「第22回公開講座」が5月12日13時から、川口市立戸塚公民館(川口市戸塚東3の7の1)3階ホールで開かれます。

「丈夫で長生き地域で安心して暮らすために」をテーマに東川口病院(川口市東川口2の10の8)が主催。それぞれの講師がわかりやすく説明します。

▽13時~:介護・健康無料相談会=看護師・薬剤師・管理栄養士・介護専門職員が相談に応じます。先着30人まで「転倒危険度測定」を実施。受け付け時に整理券を配布します。

▽14時~:講演1=「戸塚西地域包括支援センターの取り組み」をテーマに、戸塚西地域包括支援センター管理者の物井貴浩さんによる講演。

▽14時35分~:講演2=「東川口病院 入退院支援の取り組み」をテーマに、東川口病院看護師の川田淳美さんによる講演。

▽15時25分~:講演3=「“おしっこ”は健康のバロメーター」をテーマに、済生会川口総合病院泌尿器科主任部長の橋本恭伸医師による講演。

休憩時間には日常生活にも取り入れることのできる「リハビリ体操」も行います。

同講座の参加者からは「いずれも切実な問題で全体を俯瞰して知識を整理するのに役立ちました」「地域で講座を受けることができ嬉しく、参考にして自分の身体と向き合い健康寿命を延ばしたい」など参加して良かったとの声が多く、健康に対する意識向上にも繋がっているようです。

参加費無料で、申し込み不要。なお駐車場が少ないため、車での来場は遠慮を。

問い合わせは東川口病院・地域連携室(電295・1000)へ。

0