「端午の節供―五月人形の展示公開―」が旧田中家住宅(川口市末広1の7の2)で、5月13日まで9時30分~16時30分に開催中です。

1階の日本間には、田中家が代々買い足した人形が展示。一番価値があると言われているのが、幟の台。“桃太郎一行”を題材に彫られた木彫りの「座敷幟」で、当時の家一軒を購入できるほどの品だそうです。

2階には、飯塚地区の旧家から寄贈された人形達が並びます。1階同様の高級品です。

また2階奥の部屋には鋳物製兜に加え、初公開となる様々な幟が展示されていて、充実した内容に注目です。

入場料は一般200円、小・中学生50円。

なお関連イベントとして、5月13日10時~12時は茶室で「端午の茶会」を開催。茶席券は300円(お菓子付き)。茶席券100枚が完売次第終了となります。

問い合わせは川口市立文化財センター(電222・1061)へ。

0