川口市内の読売新聞販売店(YC)10店は、市社会福祉協議会が実施している車いすの無料貸し出し事業への協力を10月1日から開始しました。

同協議会が所有する車いすがYC各店に1台ずつ配置。けがなどで一時的に車いすが必要となった人達へ貸し出します。近くのYCから市民は最長で1週間まで借りることができます。

同協議会の貸し出し場所はこれまで市内5カ所でしたが、今回のYCの事業協力により、貸し出し場所が3倍の15カ所へ。市民はより便利になりました。

9月27日に同協議会から車いすが届けられたYC東川口は「お気軽に利用して下さい」と話します。

また川口支部の12YCは賛助会員となり、今後もチラシなどでも協力をしていく予定です。

0