徳川将軍家が家康公を祀る日光東照宮までの専用道として江戸時代初期に整備された由緒ある街道の日光御成道。地域の一体感を醸成し郷土愛を育み、地域経済の活性化を目指して「第3回川口宿 鳩ヶ谷宿 日光御成道まつり」が11月11日に開催されました。

さわやかな快晴の空の下、10時からキュポラ広場で催された出立式の後、テープカットが行われると、総勢約1500人の出演する見応えある行列がスタート。

オリジナルソングに合わせて広報大使・真島茂樹さんや3人の川口御成姫と共に踊る「元気・川口御成道サンバ行列」や川口ゆかりの歴史上の人物が登場する「川口歴史行列」などが練り歩き。

俳優の原田龍二さんが徳川将軍役を、奥ノ木信夫川口市長が社参奉行務め江戸時代の様子を再現した「日光社参行列」が姿を現すと、沿道の観客からは大きな歓声が寄せられていました。

当日は約14万9千人の来場者が訪れ、華麗な時代絵巻を堪能した日となりました。

0