第55代理事長・平野大太さん

(公社)川口青年会議所(JC)の第55代理事長に平野大太さんが就任。“率先垂範~能動的な市民を創出するJAYCEEであれ~”を掲げ、2019年度がスタートしました。

スローガンには“まちから必要とされる青年会議所であり続けるために、一人ひとりが青年会議所メンバーとしての自覚を持ち、率先垂範の精神のもと行動をする団体として、共に目指すべき理想に向けて邁進しよう”との思いが込められています。

平野さんは、独立して仕事を地元の川口市で始めることになったことから、人脈づくりをしたいと2014年10月に入会。当初は何をすればいいのか全くわからなかったそうですが、メンバーが熱意を持って取り組む姿に次第に魅力を感じ、一緒に活動してみたいと思うように。毎年変わる役割の中で、様々な経験を重ねることにより、1年が終わる頃には「やりきることができた」と充実感を味わっています。

「JC活動を通じて出会った人達と交流を育むことで、自分が見えていた世界が広がりました。真剣に意見を交わすことにより、人に対して物怖じせずに話せるようにもなり、人への接し方も学べましたね」と笑います。

青年会議所はまちづくりをする団体であることが特徴だと実感していると平野理事長。「まずは私達が市民に先駆けて地域のために活動する姿を示すことで、人の心を動かすことができます。自らの手でまちを創るという意識を持つ“能動的な市民”を創出することが、私達の目指す明るい豊かな社会へと繋がっていくのです」と2019年度へ発信しています。

なお会員は随時募集中。20歳~40歳で明るい豊かなまちづくりに興味がある人は連絡を。詳細はホームページ(http://www.kawaguchi-jc.or.jp/)を。問い合わせは同所事務局(電263・3350)へ。

(Visited 21 times, 1 visits today)
0