川口市と社会福祉協議会が青少年ボランティア育成のための事業を行うため、関係機関・ボランティア実践者・学識経験者等で構成している「青少年ボランティア育成委員会」。

同委員会では川口市内の青少年がボランティアに関する情報交換、交流などを目的に集まる「青少年ボランティアCafe」を実施しています。中学生から概ね25歳位までの青少年を対象に、気軽で自由に語り合える場を作り、そこから興味のあるボランティア活動に自発的に関わっていけるような企画を開催しています。

車いすスポーツを体験しました

平成22年度からスタートし、年に1~2回、テーマを設け、料理実習を通じて外国の生活や文化を学んだり、外国人向けにカルタを作成したりなど様々な内容に取り組んできました。

今年度は東京パラリンピックの開催も近づいていることから「車いすスポーツの魅力を知ろう」と2月17日に川口市立幸栄公民館で、車いすスポーツ選手と一緒に車いすテニスと、車いすバスケットボールを楽しみ、普段乗る機会のない競技用の車いすに乗り、貴重な体験をしました。

「毎年、市内の全中学・高校にチラシを配布し周知していますので、是非興味のあるかたは参加してみてください」とかわぐちボランティアセンター。

問い合わせはかわぐちボランティアセンター(電227・7640)へ。

(Visited 20 times, 1 visits today)
0