重要文化財指定記念「旧田中家住宅の桃の節句」として3月10日まで、雛人形を展示公開中です。今年度、旧田中家住宅(川口市末広1の7の2)は国登録有形文化財から、国指定重要文化財に変わりました。

明治時代初期の親王雛

川口市内の旧家から寄贈された大正時代や昭和初期、現代の雛人形を1階と2階の和室などに展示。

昨年好評だったことから引き続き、国登録有形文化財・二木屋(さいたま市)所蔵の大正時代の雛人形を1階~3階の室内に特別出張公開。堂々とした姿に迫力を感じさせる「明治時代の丸平の親王雛」や「一刀彫の御殿飾り」、今年初めて飾られた「明治時代初期の親王雛」など、普段ではあまり目にすることがない雛人形を、身近で見ることができる貴重な機会です。

入場料は一般200円、小・中学生50円。開館時間は9時30分~16時30分。月曜休館。

(Visited 22 times, 1 visits today)
0