地域のシンボルのごとく建つ高い鉄塔・元JOAK東京放送局新郷放送所は、昭和の初めに赤井に開局した。宕山から地下ケーブルで送られる音声電流を、最先端の技術を駆使して完成した二本の鉄塔の空中線から、関東地方に向けて放送が始まった。だが、その普及は予想に反して大きく、遠方にも達し昼夜の別なくラジオが聞けるように等、また他国の電波の侵入もあってより強度の150キロワットでの放送が決まった。関東一円に届くとされる150キロワットの放送には、さらに高いアンテナが必要であり、付随する諸々の設備も合わせると広大な敷地が求められた。

見沼用水側より撮影した現在の文化放送川口送信所

その建設候補地の筆頭に川口が選ばれた。理由は、東京の放送局から送られるケーブルがすでにあったことや、最初に立てた新郷放送所に近い場所が条件だったという。ただ、アンテナ建設には広大な敷地が求められることから思案されたのが、放送所を二か所に分ける方法だった。

昭和14年、第一放送所が上青木地域(約46000坪)と、第二放送所が里地域(19000坪)に完成した。アンテナの高さは、第一放送所が312メートル、第二放送所は206メートルとそれぞれそびえたち、田んぼが広がる田園地帯は突如として“巨塔の町”に変わった。しかも複数の鉄塔を持つ町に…。

住民にはまばゆい輝きを放って見えた放送所だが、第一放送所と第二放送所というように二つもの放送所を建設する必要性を「万が一の災害を想定。どちらかが生き残れば放送が続けられる」と。

(Visited 25 times, 1 visits today)
1