商店街から文化情報の発信をと、19年前にオープンした銀座商店街振興組合(樹モール)が管理運営する燦ぎゃらりー(川口市栄町3の11の24)がこのほど閉館。5月2日~6日には、これまでの感謝の気持ちと新たな街の形への期待を込めたイベント「燦ぎゃらりーARIGATO展」が開かれました。

人々の思いが詰まったイベントとなりました

全国的にも珍しい商店会が管理運営するこのギャラリーは、身近で親しみやすいと好評を得、開館と同時に利用者が絶えないほど人気を集め、絵画・彫刻・写真・工芸等のアート展や、コンサート、発表会、寄席などのイベントなどジャンルを問わず、様々な団体や個人に利用されてきました。

今回のARIGATO展は「燦ぎゃらりーありがとう」実行委員会が主催。燦ぎゃらりーのこれまでの歩みや樹モールの歴史にかかわる写真展、ワークショップ、パフォーマンス、トークショーなどが行われました。期間中に訪れた人達の寄せ書きも展示され、燦ぎゃらりーに込められた多くの人々の思いがつまったイベントとなりました。

(Visited 16 times, 1 visits today)
0