「想像力と創造性」をテーマに、地域や社会に関係する様々なプログラムを親子で学べる「おやこキャリアスクール」が6月の入学式から来年1月の卒業式まで開講中です。「おやこで行きたい旅を企画しよう」や「段ボールハウスをつくろう」など多彩な内容を体験できます。

 同スクール実行委員会で実施されていて、小学生と保護者を対象に20組が参加。

 8月25日は「新聞づくりにチャレンジ」が川口市生涯学習プラザ・ワークファンルームで開かれました。当日参加した親子7組が作成したオリジナル新聞を壁に掲示した後、1組ずつが新聞の前で内容について詳しく紹介。講師の”マイシティじゃ~なる”編集人・山田恭子と、同スクール実行委員の萩原稔さん、佐々木大祐さんが、より良い紙面にするためのコメントを寄せました。

 夏休みに訪れた場所や飼育している動物についてなどについて、文章と共に写真やイラストなどを掲載した紙面からは、それぞれの個性が感じられ、真摯に取り組んだ様子が伝わってきました。

 各新聞についてのインタビューも受け、取材する側と取材される側の両方の立場を味わった時間となりました。詳細はHP(http://www.comaam.jp/oyako/)を。 

石黒英吏子さん、佳君(小1)
「かっこいいと思う象について、どうして鼻が長いのか、びっくりしたことを文章にしました」
(Visited 6 times, 1 visits today)
0