すごかるたチラシ「市民なら知らぬが恥―街を知ればもっと街が好きになるー」をテーマに、現在「川口のすごろく&かるた」の制作が進められています。

取り組んでいるのは“川口すごかるた制作委員会”。川口市が主催する平成26年度盛人大学・地域デザインコース卒業生及び関係者有志による市民団体で、約20人のメンバーが活動中。

同大学の地域デザインコースで、地域活性化のについて課題を見つけ問題点を解決していく中で、誰もができる「地域活性化の現実的手法」としてカルタ制作が決まったことがきっかけ。川口市ならではのカルタを作ることにより、子どもの頃からカルタに親しむことで、自然と郷土愛が育まれるという点も魅力の一つです。賛同者や支援者も続々と集まり、その輪は確実に広がっています。

さらに一人でも多くの市民に関わってほしいとの思いから、1月31日までは意見を募集中です。

現在、提案されている読み札(案)を参考に、他にも入れた方が良いと思うキーワードや内容を募集しています。応募方法は、専用サイト(http://goo.gl/forms/Grd5ABLfAl)またはファクス(FAX020・4624・7063)で。

なお今年夏には絵柄の公募、来年は「すごろく」制作が予定されていて、完成に注目が集まっています。

(Visited 357 times, 1 visits today)
0