「自分の最期をどう考えるのか」「自分らしく生きるためにはどうしたらよいのか」ということを日頃考えてしまう人も多いのではないでしょうか。「第26回公開講座」が11月9日13時30分から、川口市立戸塚公民館(川口市戸塚東3の7の1)3階ホールで開かれます。

参加することで健康への意識が高まります(東川口病院提供)
参加することで健康への意識が高まります(東川口病院提供)

主催は東川口病院(川口市東川口2の10の8)。「丈夫で長生き地域で安心して暮らすために」をテーマに、講師がわかりやすく説明します。

▽13時30分~:介護・健康無料相談会=看護師・薬剤師・管理栄養士・介護専門職員が相談に応じます。先着30人まで「転倒危険度測定」を実施。受け付け時に先着順で整理券を配布します。

▽14時30分~:講演1=市民向けリーフレット「自分らしく生きるために人生を楽しく…」をテーマに、地域連携看護師会・介護老人保健施設みぬま管理看護長・高橋恵子さんによる講演。

▽15時25分~:講演2=「高齢者の肺炎について」をテーマに、東川口病院内科部長・秋月憲一医師による講演。

 休憩時間には日常生活にも取り入れることのできる「リハビリ体操」も行います。

 同講座の参加者からは「近隣の病院の講座なので気軽に参加でき、参考になることが多かった」「骨祖しょう症を防ぐには毎日の食事、運動が大切なことがわかりました」など役に立ったとの声が多く、参加したことにより健康に対する意識が高まっているようです。

 参加費無料で、申し込み不要。なお駐車場が少ないため、車での来場は遠慮を。

 問い合わせは東川口病院・地域連携室(電295・1000)へ。

(Visited 10 times, 1 visits today)
0