“巻き込む力~情熱と知識を持った、リーダーとなれ~”を掲げ、(公社)川口青年会議所(JC)の第56代理事長に就任したのは境亮一さん。

葬祭業を営む境さんは、仕事関連の団体に出席した時にJCに関わりがある人たちが多くいたことがきっかけとなり、2011年9月に入会。入会当初の何もわからなかった頃から、先輩たちが共に様々な場所へ連れて行ってくれ、新しい出会いや機会をもたらしてくれたことが自身の力になったと実感しています。

このような経験がもととなり、スローガンには”メンバーの研修を通じ、今いるメンバーが、人を巻き込み引っ張っていけるリーダーとなれば、青年会議所運動が会員会議所全体に響き、さらにはまちにも、我々の活動が大きな渦をつくることができます”との思いが込められています。

 2020年度も、市内の小学生を対象に和の心を大切にしながら国際交流や物事を解決する力を育む事業、”職育のまち川口をつくる”ための第1歩、JC活動を広く広報するための行動、メンバーの研修と会員拡大など、多彩な活動を展開していきます。2020年度の川口JCの手帳には事業予定が記載された日程表を新しく取り入れ、随時メンバーが所持し活動日程を確認できるよう工夫も。

 入会当初に「理事会の真ん中の椅子に座りたい」と思い理事長になるという目標を実現させた境さん。「JCを通じて学びを得ることで自身の成長に繋がっていくということを、多くの人へ伝えていきたい」と力強い瞳で語ってくれました。

 なお会員は随時募集中。20歳~40歳で明るい豊かなまちづくりに興味がある人は連絡を。詳細はホームページ(http://www.kawaguchi-jc.or.jp/)を。問い合わせは同所事務局(電263・3350)へ。

(Visited 21 times, 1 visits today)
0