平成30年8月にオープンした「本屋さん ててたりと」(川口市上青木西5の25の17。電423・4858)は、雑誌や書籍など新刊を扱う町の本屋です。さらに同店は障害者総合支援法の中で、就労継続支援B型事業所として、障害のある人に必要な支援を行い働く場を提供。このような働き方は福祉的就労と言われていて、新刊を扱う本屋としては、日本でも同店だけという特徴があります。

平成30年8月にオープンした「本屋さん ててたりと」(川口市上青木西5の25の17。電423・4858)は、雑誌や書籍など新刊を扱う町の本屋です。さらに同店は障害者総合支援法の中で、就労継続支援B型事業所として、障害のある人に必要な支援を行い働く場を提供。このような働き方は福祉的就労と言われていて、新刊を扱う本屋としては、日本でも同店だけという特徴があります。

 法令では、同事業所の生産活動の収益は全て利用者に支給されることと定められていて、同店も本屋の収益は全て働く障害のある人に支給されています。

 木を使った棚が優しさを感じさせる店内には、季節などに応じたお勧めの本のコーナーや丁寧に描かれた手書きのポップなど、本を楽しんでもらえるよう配慮。店内にない場合には、注文や取り寄せとして対応しています。川口市内であれば配達料は無料です。

 ユニークな店名の「ててたりと」は、「特別な~ではない」という時に用いられる「とりたてて~ではない」の「とりたてて」を反対から読んだもの。「反対に読むことで、ある人に特別ではないが、ある人には特別であることを意味し、そのことを尊重しあえる、意味のある場所として存在していきたい」との思いが込められています。

 「福祉」「本屋」という点から、他県から足を運ぶ人も多いそう。地域お店や近隣の人たちにも親しまれるようになり、同店の認知度も高まっています。

 営業11時~17時。日曜・祝日定休。

(Visited 143 times, 1 visits today)
0