私たちの腸内には約600兆~1000兆の多種多様な細菌が生息していて、これらの細菌がバランスを取りながら腸内環境を良い状態にしています。顕微鏡で腸の中を覗くと、まるで植物が群生している「お花畑」に見えることから「腸内フローラ」と呼ばれるようになりました。埼玉県済生会川口総合病院健診センター(川口市西川口5の11の5)は、新しい検査として「腸内フローラ検査」が今月からスタートしました。

埼玉県済生会川口総合病院健診センター(川口市西川口5の11の5)は、新しい検査として「腸内フローラ検査」を今月からスタートしました。

腸内フローラのバランスを知り、自分に最適な生活習慣の改善が重要です。「腸内フローラ検査」では、ビフィズス菌、乳酸菌産生菌、酪酸産生菌、エクオール産生菌など自身の腸内フローラのバランスがわかります。

 下痢や便秘などお腹の悩みで困っている人や糖尿病・アレルギー等を持っている人、お肌のトラブルを抱えている人、なかなかダイエットが成功しない人などにお勧め。

 検査は自宅で行い、問診票への記入と採便の簡単な検査です。事前に電話で予約して窓口で検査キットを購入し、自宅で採便。採便したキットをポストへ投函すると、6~7週間後に郵送で、管理栄養士による腸活アドバイス付きの検査結果が返却されます。

 「便は大便とも書きますが、体からの大きな便りであり、大切な便りです。腸は第2の脳ともいわれ、腸内を整えることが健康へ繋がります。この機会に、自身の腸内について調べてみませんか」と管理栄養士の矢嶋聡子さん。

 検査費用は19000円(税別)。

 詳細・問い合わせは健診センター(フリーダイアル0120・028・131)へ。平日10時~16時受け付け。

(Visited 31 times, 1 visits today)
0