講師の指導を受けながら保護者が付き添いポケバイ体験

「ポケバイ初心者教室」が1月24日に、川口オートレース場で開かれました。

11回目を迎えた今回は小学生を対象に、参加希望者が多かったことから定員を増やし60人が参加。

4~5人が1グループとなり、区切られた時間の中で、講師の丁寧な説明を受けながら、保護者が付き添いポケットバイクを体験。最初は抑え気味にバイクに乗っていた子供達は慣れてくると次第にスピードを上げ快調に走れるように。保護者と共に笑顔で参加する姿が見られました。

参加した竹村さん親子 親子で参加した竹村歓太君(小4)は「スピードにのせて走れたことが楽しかった。また挑戦したい」と話し、父の清次さんは「楽しむ様子から参加して良かったと思います。良い経験になりました」と語っていました。

同教室は、同日開かれていた子供モーターサイクル推進実行委員会(代表=青木圀衛さん)が主催の「第11回SG川口オートポケバイレース」の一環として実施。子どものうちからモータースポーツに親しんでほしいと行われています。

青木代表の息子さんもオートレーサーとして活躍していることから「多くの人にオーバルコースを走ってほしい」と川口オートポケバイレースを開催することとなりました。なお第1回の同レースで優勝した鈴木圭一郎さんは現在、オートレーサーとして活躍中です。

(Visited 216 times, 1 visits today)
0