世界を震撼させた新型コロナウイルス。川口市内の感染患者数は市保健所の検査によると、6月17日現在91人。先月中頃は毎日のように増えていましたが、6月は3人。感染患者数は減ってはいるものの、感染を拡大させているのがくしゃみや咳とともに出る飛沫。通常の飛沫は2㍍ほどの範囲で地面に落ちますが、新型コロナウイルスは、さらに小さい粒のエアロゾルという中に含まれ空気中を漂うため、より広い範囲に感染が起きる可能性が考えられます。引き続き、マスク(熱中症予防のために周囲の状況に応じて外す)や手洗い、消毒は欠かせません。日常と違う症状を感じたら、かかりつけの医療機関へ問い合わせください。

 今年初めての体験「ステイホーム」で、ラジオ、特にラジオのリスナーが、幅広い層に広がっていることに気づきました。ラジオは‘…しながら’ができることに加え、見えないコト・モノへの思いが想像を豊かにしてくれます。学校や会社が始まった今は「radiko」や「らじる☆らじる」を利用されているものと思います。

形態ラジオの点検も兼ねて

 地元には文化放送送信所があり、5年前にFM川口が誕生している中、今ある環境で楽しめるAMラジオを紹介します。防災のために用意していた携帯ラジオの点検も兼ねて、スイッチを入れてみたり、iphoneなどの携帯にダウンロードし、ラジオの良さにふれてみませんか。

 起床6時、選択する局は594MHZ(以後省略)。お馴染みのNHKですが、朝食の支度や洗濯をしながら聞くのに使い勝手最高。前日の情報や社会の動きが心地よく伝わって来ます。朝食後は、954 のTBSを選局したり、NHK、1134の文化放送へと忙しい。どの局も、知識豊富なキャスターがそろっておもしろくく、ゲストも興味深い。さらに今、企画も楽しい。

 企画といえば、TBSの「伊集院光とらじおと(8時30分~11時)」の中で、思い出の店やメニューなどを投稿で募集し、探し出す過程を放送する「俺の5つ星」は興味津々。途中でスタッフがお手上げになっても、リスナーが解決する展開もあるよう。同じような時間にNHKは、キャスターの吾妻謙さんが「らじるラボ(9時~11時50分)」を放送しており、選曲がなかなか楽しいし、何より声が個性的。お笑い芸人・バービーさんのトークに魅せられたのもこの番組ですが、芸人さんといえば、最近は女性が個性を発揮。飾り気のないトークの彼女らが繰り出す、胸を突く話につい聞き入ってしまいます。

そうそう、聞き入ると言ったら夜の放送もありますが、次の機会にしましょう。

(Visited 24 times, 1 visits today)
0