年齢を重ねても健やかな状態でいるためには「介護予防」が大切です。新しい”楽しみ”を見つけることで、いつまでも元気に過ごしませんか。川口市では好きな教室に、3カ月間は通常よりも安い体験価格で参加できる 「介護予防ギフトボックス」をお勧めしています。

アクティブフィットclub(長寿支援課提供)

 一日中のほとんどを家の中や家の周辺で過ごし、活動が少ない生活を続けると、身体機能は低下し、要支援・要介護状態になってしまいます。「介護予防ギフトボックス」は、登録した企業・団体が行っている介護予防活動を紹介し、市が参加費の一部を補助することで、高齢者の人たちが「介護予防」を始めるきっかけづくりをするもの。

 教室もウォーキングや水泳、ターゲットバードゴルフ、運動・体操教室、お話し会、詩吟、絵画教室、楽器演奏など多彩な内容から選択できます。

 同事業は5年目を迎え、昨年度の体験者からは「家の近所で運動できることは嬉しく、長く続けていきたい」「先生も優しく、教室は和やかな雰囲気でした」「運動すると体が動きやすくなるので、今後も続けたい」など満足度も92%と高い評価を得ています。

 65歳以上の要介護認定を受けていない人が対象(要支援認定を受けている人も一部の教室に参加可能)。料金は教室ごとに異なります(一部無料あり)。実施期間は10月~来年3月。申し込みはパンフレットに記載されている各教室へ直接電話を。パンフレットは川口市長寿支援課、川口駅前行政センター、支所などで配布しています。

 なお川口市高齢者サービス情報検索サイト「かわぐち元気ナビ」を9月1日から公開中。高齢者が地域で安心して生活するために必要な情報をまとめて紹介します。自宅から近いサロンや体操教室、買い物・家事支援などの生活支援サービスや介護サービスなどを、目的や住所で簡単に検索できます。

 川口市のホームページを見ながら自宅や自分で無理なく運動ができる「今、おうちでできること!高齢者のための簡単運動」の動画も公開しています。

 いずれも詳細・問い合わせは長寿支援課(電271・9745)へ。

(Visited 21 times, 1 visits today)
0