”スゴ腕”の動物たちが活躍する親子のためのオーケストラ「ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団」。親子のためのクラシックコンサートが11月28日15時から、川口総合文化センター・リリア(川口駅西口前)メインホールで開かれます。

親子のためのクラシックコンサート(リリア提供)

 クラシック音楽における絵本のような役割ができればとの思いから、2000年に誕生したのが、指揮者のオカピをはじめ全て希少動物という金管五重奏「ズーラシアンブラス」。

 その活動は親子やアマチュア演奏家を中心に幅広い支持を得て、現在では年間150本を超える演奏会を全国各地や海外で開催しています。

 多くの聴衆の声に応え、2011年にはオーケストラ「ズーラシアンフィルハーモニー管弦楽団」を結成。「シンフォニック童謡」をテーマに、全てオリジナルアレンジで演奏します。圧倒的な世界観と重厚なサウンドは、動物たちの魅力を引き出し、子ども達のクラシック音楽への興味をより一層高めています。

 迫力あるステージを親子で楽しんでみませんか。

 主なプログラムは、石川亮太「トドラー・ファンファーレ」、チャイコフスキー(高橋宏樹編)「森のくまさん、チャイコにであった。」、イングランド民謡(石川亮太編)「七つの子の主題による幻想曲」、本居長世(石川亮太編)「やぎさんゆうびん」、岡野貞一・本居長世・中山晋平(石川亮太編)「うさぎ協奏曲」、木村綾編「猫踏んじゃった」ほか。

 料金は全席指定で3千円(税込)。なお前後左右の間隔を空けた配席となり、2席連番で隣を2席空け販売します。3席以上の連番での販売はありません。3歳以上の入場可。来場者全員のチケットが必要となります。

 チケット申し込み・問い合わせはリリア・チケットセンター(電254・9900 www.lilia.or.jp)へ。

(Visited 52 times, 3 visits today)
0