お酒や料理を味わいながら、最後は蕎麦で締めをーと、8月にオープンした蕎麦と酒ととの(川口市長蔵1の23の12の101。電242・5595)。丁寧に仕上げる手作りの品を手ごろな価格で提供していると好評です。

土と木を基調にしたカフェ風の店内

 蕎麦は、国産のそばの実を石臼で自家製粉し手打ちしています。お勧めは、埼玉産の”タマシャモ”を直接農家から仕入れている「軍鶏せいろ」「軍鶏南蛮」。軍鶏肉は筋肉質で弾力があるため、かめばかむほど堪能できます。7種類の野菜がつく「野菜天せいろ」「野菜天そば」も人気です。

 ”蕎麦前”として一品料理は素材の味を大切にした品を用意。見た目もおしゃれな「蕎麦屋のポテサラ」、自家製「葉わさび漬物」、ビーフシチューのような洋風な味わいの「煮込み(赤)」、温かい蕎麦の知るをベースにさっぱりした味の「煮込み(白)」、秘密の粉を使用する「蕎麦屋のから揚げ」など。

 定番のメニューのほかに、旬の素材を使った「本日のおすすめ」メニューもあり。いつ来店しても楽しんでいただけるようにとの配慮がされています。

 お酒は純米にこだわり、軽めからしっかりしたものまで10~12種類を取り揃え。厳選した豆を使うコーヒーや手作りデザートなどもあり、様々な用途に応じています。

 土と木を基調にした店内は、シンプルでゆったりとした心地よい空間。カウンター席とテーブル席に座敷席があるので、幅広い利用が可能です。

 営業11時30分~14時30分、17時~21時30分。不定休なので、事前にインスタグラムなどで確認を。

(Visited 64 times, 1 visits today)
0