優しく力強い歌声にこれまでの感謝の気持ちを込めてー「工藤慎太郎10周年記念公演慎太郎行進曲」が2月7日16時から、川口総合文化センター・リリア(川口駅西口前)音楽ホールで開かれました。ギターの弾き語りはもちろん迫力のステージを展開(写真はオフィスうめ子提供・撮影TAMJIN)

 今年1月にデビュー10周年を迎えたことを記念してのコンサート。路上時代からメジャーデビュー、活動休止の2年間を経て、これまでの活動を応援してくれた人々への感謝の気持ちが込められています。

 工藤慎太郎さんといえばギター&ハーモニカでの弾き語りをはじめ、ストリングスを含むフルバンド編成で迫力のステージを展開。第39回日本有線大賞新人賞を受賞したデビュー曲「シェフ」、「君を想う」など代表曲のほか、新曲「椿」「明日への賛歌」など、優しく力強い歌声で歌い上げました。

菓子パンから宇宙まで幅広い世界観を日常の言葉で表現する点も魅力の一つ。「10年を区切りではなく一つの通過点として、これからも自分らしくコツコツと歌い続けます」と工藤さん。

 活動10年にふさわしい、工藤さんの思いが伝わる充実した内容に、満席の会場からは長時間にわたり、温かい歓声が送られていました。

 初めてのライブ盤であり、ベストアルバム「慎太郎行進曲~SHINTARO KUDO 10th ANNIVERSARY LIVE~」が4月6日にリリース.CD2枚組にライブ写真を多数収めた「セルフライナーノーツ・ブックレット(全60P)」付きの豪華版。定価4800円(税抜き)。現在、予約受け付け中。予約特典もあり。

 なお4月4日21時からは、USTREAM音楽番組Sound Statesで、ライブ特別番組を配信。工藤さんが番組MCと当日の様子を振り返りながらライブ映像をたっぷりお届けします。

 詳細はオフィシャルサイト(www.kudoshintaro.com)を。

0