「本当に住みやすい街大賞2021」の発表が行われ、川口市が2年連続で第1位を獲得。2年連続受賞となり、初の快挙を成し遂げました。

受賞式に登壇した奥ノ木市長(川口市役所提供)

 大手住宅金融ローン専門会社による「本当に住みやすい街大賞」。実際にその地域で”生活する”という視点から、住環境・交通利便・教育環境・コストパフォーマンス・発展性の5つの基準を設定し、1都3県の中から住宅や不動産の専門家による公平な審査のもと、選定されたランキングです。

 奥ノ木信夫川口市長は「予想もしていなかった、昨年に引き続きの2連覇に、非常に驚くとともに、このような高い評価をいただき、大変うれしく光栄に思います。これまでのまちづくりが評価されたと感じています。今後も”さらなる選ばれるまち川口”をつくっていけるよう、引き続き全力で取り組んでまいります」とコメントしています。

(Visited 13 times, 1 visits today)
0