ビル・マンションの大規模修繕工事を主軸に”技術と信頼”の地域企業として活躍している㈱セラフ榎本(川口市芝中田2の34の16)。

安心した生活を送るために抗菌・抗ウイルスコーティング施工を実施(セラフ榎本提供)

 新型コロナウイルス感染症の影響から、新しい生活様式の中で過ごしている現在。少しでも菌・ウイルスの不安を解消し、安心した生活を送るために同社では、社会に役立つ活動の一つとして、抗菌・抗ウイルスコーティング施工を行っています。これまでに京都のサッカースタジアム、医療施設。老人ホーム、マンション等などで実績を重ねてきました。

 扱う「抗菌・抗ウイルスコーティング」は、光触媒(酸化チタン)・銅(Cu)・プラチナ(Pt)の独自配合により、菌・ウイルスを持続的(1年間)かつ強力に、分解・不活化。臭いもないので、金属や布地への腐食性もありません。人に無害な安心安全の日本製です。

 噴射した時だけ除菌するエタノールや次亜塩素酸スプレーとは異なり、一度コーティングすれば持続的に効果を発揮し続けます。

 なお帝京大学医療技術学部臨床検査学科・松村充准教授により検証した結果、新型コロナウイルスの不活性化も確認されました。

 抗ウイルス剤を施工する前・施工した後に「清掃度検査」を行い、製品の効果を数値化し測定するので、確実に効果を実感できます。

 施工済みの施設にはステッカーも配布。目立つところに貼り”見える化”するころで、安心安全な施設として利用者へのアピールが可能です。

 接触頻度が高いドアの部等に、誰でも簡単に噴霧するだけで抗菌できるスプレー商品も販売しています。

 詳細・問い合わせはセラフ榎本(電265・1883)へ。

(Visited 42 times, 1 visits today)
0