(公社)川口青年会議所(JC)第57代理事長として西村太輔さんが就任。スローガン“リスペクト~互いの尊重が絆を作る~”には「自分の正解を押しつけるだけでなく、リスペクトの気持ちを持って人と向き合うことで、自分自身の成長にも繋がっていく」という思いが込められています。

「苦難な時にこそ地域に頼られる団体を目指していきます」と西村理事長

 存在も知らなかったという西村さんが、幼馴染だったJCメンバーに誘われて入会したのは2016年。当初は会議に取り組む姿勢や挨拶、進行方法など緊張感が漂う中で進んでいく時間に圧倒されたそう。厳しく意見をぶつけ合う姿がありながらも、会議後の時間には、うち解け合い和やかに過ごす姿を見て、自分が求めていたものだと確信し惹かれるようになりました。

 JCに入って変わったことは「何かを判断する時に、必ず目的から考えるようになりました」。資料を作成したり、自分の思いをメンバーに伝えたりと経験を重ねていく中で得ることができ、仕事にも反映しています。

 新型コロナウイルス感染症により、新しい生活様式に準じた運動が求められている現在。「不安定な状況ですが早めに判断をし、できることをしっかりと実行していきたい。苦難の時にこそ地域に頼られる団体を目指していきます」と西村さん。苦境に立ち向かう前向きな姿が感じられました。

 なお会員は随時募集中。20歳~40歳で明るい豊かなまちづくりに興味がある人は連絡を。詳細はホームページ(http://www.kawaguchi-jc.or.jp)を。今年度のホームページは、JCのことを知らない人にもわかりやすいようにとの配慮がされた内容となっています。

 問い合わせは事務局(電263・3350)へ。

(Visited 31 times, 1 visits today)
0