通りがかると目をひくブルーの電車の車両。寝台特急「北斗星」の食堂車1両がそのまま復活したのが、ベーカリーレストラン・グランシャリオ(川口市戸塚3の31の31、ピュアビレッジ。電287・3399)。店名の”グランシャリオ”はフランス語で”北斗七星”を表しています。

旅をしているような気持りに

 「現役時代そのまま」ということにこだわり、スピーカーや冷蔵庫、厨房などはそのままの形で残されています。

 人気のランチメニューは、自家製の焼きたてパンが食べ放題。料理との相性もぴったりのパンは、一口サイズで様々な種類を味わえます。サラダ・スープ・ドリンク付きで、「淡路産たまねぎとトマトたっぷりのハヤシソース」1650円、「グランシャリオ特製手ごね煮込みチーズハンバーグデミグラスソース」1870円など。

 ディナータイム(18時~22時)は予約制で「松花堂イタリアンディナー」3850円ほか。

 食事を楽しみながら、窓の外を眺めていると、電車に乗って旅をしているような気持ちに。身近な場所で、非日常の世界を満喫できます。

 営業11時~17時、モーニングタイムは土曜・日曜・祝日の8時~10時。水曜定休。

(Visited 21 times, 1 visits today)
0