「きみもeアスリート!~バーチャル・スポーツに挑戦!!~」が11月14日まで、SKIPシティ彩の国ビジュアルプラザ映像ミュージアム(川口市上青木3の12の63)で開催中。

新感覚スポーツにもチャレンジ

 オリンピック・パラリンピックをきっかけに、最新映像技術を通してスポーツへの関心をより嵩めることができる展覧会。 東京2020参画プログラムです(参画プログラム認証対象期間は9月5日まで)。

 東京2020オリンピック・パラリンピックにおいて、埼玉県内で行われるバスケットボール、サッカー、ゴルフ、射撃の4種目をVRやARで、1964年の東京大会でボート競技の会場になった戸田漕艇場を選手の目線映像で体験。オリンピック競技をバーチャルで体験することで、トップアスリートに挑戦できます。

 自分自身がコントローラーとなり、体を使って操作する、バーチャルならではの新感覚スポーツにチャレンジ。1人で楽しめるものから対戦型のものまで、フィットネスやダンス、対戦ゲームなどの体験が可能です。

 埼玉県内で実施される競技や会場となる競技場、埼玉ゆかりのアスリート等も紹介。1964年東京オリンピックと埼玉県との関わりを記録映像で大画面で上映するほか、聖火トーチや聖火ランナーのユニフォームなど貴重な資料も展示します。

 料金は大人520円、小中学生260円(常設展も見ることができます)。開館9時30分~17時、月曜休館。

 詳細はHP(http://www.skipcity.jp/event/vm/e-athlete/)。問い合わせは映像ミュージアム(電265・2500)へ。

(Visited 27 times, 1 visits today)
0