四季折々の”おいしいもの”を食に集まる人々へ提供するという意味が込められた店名を持つ食房 四季(川口市幸町1の7の1、川口パークタワー1階。電250・5020)。全国のこだわりの農家や漁師、またぎ、酒蔵等へ、親方の小田富稔さんが足を運び自らが交渉。直接旬の素材を仕入れ、伝統の技法で心を込めて一品一品を調理しています。

幻の魚「九絵」が味わえます(食房四季提供)

 本場九州から朝獲れたてを航空便で仕入れているのが、幻の魚「九絵(クエ)」。 23歳の小田さんが博多で修行中の頃に、初めて食べその味に感動し「将来は九絵専門の店を出したい」との強い思いが実現したのが同店。今年で21年を迎えます。

 関東地方では市場に上がることもまれだという「九絵」は、白身の魚で脂があり、フグに勝るとも劣らないとも言われています。「九絵」を食べると「九つの夢が叶う」等とも信じられていて、九州場所では力士が縁起を担いだり、博多では大きな商談や大切な人をもてなす場合によく食べられているそうです。同店では多くの人にその味を伝えたいと、リーズナブルな価格で提供し好評です。

 「何度訪れても飽きることがない、記憶に残るお店に」と小田さんが語るよう、同店でしか味わうことができない素材本来の味を引き出した料理は、多くの人を喜ばせています。

 9月30日まで 毎年人気の企画「北海道極上美味フェア」を開催中。地元漁師から空輸便で、現地でも食べられない「北の恵み」を直送。新鮮な食材を堪能できます。北海道満喫コース7480円(税込)~。 

 営業11時30分~13時30分、17時30分~23時(なおコロナウイルス感染拡大等により営業時間が異なります。事前にお店に確認を)。月曜定休。

(Visited 14 times, 2 visits today)
0