「折り紙夢工房作品展」が10月2日~7日に川口総合文化センター・リリア(川口駅西口前)3階ギャラリーで開催。2日~4日は川口文化祭として、5日~7日は埼玉県芸術文化祭として参加します。

展示作品と共に主宰の金杉登喜子さん(写真左から2人目)と折り紙夢工房メンバー

 今や世界の共通語ともなっている「ORIGAMI」。折り紙夢工房(川口市大字石神1748。主宰=金杉登喜子さん)は、日本の伝統文化である折り紙の普及等を目的に、長年にわたり幅広く活動中です。

 今回は、色紙に貼った折り紙の作品を、着物で作られた掛け軸に配置。会場に色とりどりの華やかな作品が並びます。昨年出版し好評を得ている著書「使えるブロック折り紙」に掲載されている作品も勢ぞろい。愛くるしい表情が特徴のパンダやフクロウ、カラフルな籠や壺など、見ているだけで心が和む作品を展示します。

 作品を作る過程を目の前で見ることができる「折り紙実演コーナー」も実施。折り紙作品のプレゼントも用意します。

 バラエティー豊かな折り紙の世界を楽しんでみては。入場無料。

 問い合わせは折り紙夢工房(電251・5769)へ。

(Visited 52 times, 1 visits today)
0