東京2020オリンピックの埼玉県聖火リレーを記念した「植樹式」が8月29日に、青木町公園戦没者慰霊碑広場前で開催されました。市民が桜の苗木の成長する姿を見て、川口市から聖火が出発したことを思い出すきっかけになることを願って行われたもの。

ソメイヨシノの若木を植えました

 式には新藤義孝・衆議院議員、奥ノ木信夫・川口市長をはじめ、埼玉県選出の市内聖火ランナーの鈴木昭重さん、平林栄子さん、内田剛史さんらが参加し、揃ってソメイヨシノの若木を植えました。 

 自身の子どもを連れて参加していた内田さんは「子どもたちには桜が大きくなるたびに、東京オリンピックのことを思い出してもらえれば。自分が住む街に誇りを持ってほしいですね」と語っていました。

(Visited 24 times, 1 visits today)
0