オープニング作品出演者ら(Dシネマ映画祭提供)

「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016」。7月16日~24日にSKIPシティ・彩の国ビジュアルプラザ

デジタルシネマにフォーカスし、若手映像クリエイターの登竜門として、2004年からスタートした「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2016」。7月16日~24日にSKIPシティ・彩の国ビジュアルプラザ(川口市上青木3の12の63)映像ホール・多目的ホールほかで開かれます。

オープニング作品は、熊谷まどか監督の初長編作品「話す犬を、放す」。“もう一つの人生”を思い描いたことのある全ての人に贈る、ユーモアと涙の人生賛歌。主演のつみきみほさん、田島令子さん、眞島秀和さんらがオープニングセレモニーに登壇します。

新企画として「特別招待作品」では、今年のベルリン国際映画祭で銀熊賞(芸術貢献賞)を受賞した夢幻的なラブ・ストーリー「長江図」と、中国・ドイツ合作のラブ・コメディ「I PHONE YOU」をジャパン・プレミア上映。

長編部門(国際コンペティション)では、LA映画祭受賞作品「アウト・オブ・マイ・ハンド」、ヴェネチア国際映画祭受賞作品「タンナ」のジャパンプレミアをはじめ、初ノミネート3カ国を含む国内外の話題作12本がそろいました。

短編部門(国内コンペティション)は、高杉真宙さん、高岡奏輔さん、津田寛治さんら多彩な出演者に注目。若手監督達の意欲あふれる12作品がノミネート。

詳細はホームページ(http://www.skip-city-dcf.jp/)を。問い合わせは同祭事務局(電263・0818)へ。

 

0