「埼玉県芸術文化祭2016」の地域文化事業の一つとして「折り紙夢工房作品展」が、9月24日~27日10時~17時に、川口総合文化センター・リリア(川口駅西口前)で開かれます。折り紙夢工房は、折り紙作家・金杉登喜子さんが主宰する折り紙を楽しむ会として、長年にわたり活動を続けています。

金杉さん(写真左から2番目)を囲んで

金杉さん(写真左から2番目)を囲んで

今展は「四季彩々&実用折り紙」がテーマ。注目は「クリスマス・ドリームデリバリーサンタ」。クリスマスイブに子とも達へ、保護者から預かったプレゼントを各家庭へ届ける、川口市のボランティア市民団体の事業を折り紙で作品にしました。

制作したのは、夢工房の大宮教室と川口市青木東公民館教室のメンバー25人。何度も話し合い、

指導を受けながらも試行錯誤を重ね、完成へと繋げました。

川口市栄町公民館教室のメンバー7人で作成したのは「日本折り紙協会・基本折り紙全作品」。

ほか実用折り紙の作品や、折り紙制作体験コーナーなども。

入場無料。問い合わせは折り紙夢工房事務局(電251・5769)へ。

(Visited 207 times, 1 visits today)
2