正門前の夫婦枝垂れ1月14日、埼玉県花と緑の振興センター(川口市安行1016)内の「梅園」が開園しました。

同センターには、283本155品種の梅が植栽され、内220本は「梅園」の梅。品種数では関東屈指と言われます。その「梅園」は、正門奥に4000㎡という広い敷地を持ち、案内板に沿って進むと、ほのかに梅の香を感じます。

「梅はこれから次々と咲き、3月上旬頃まで楽しめます。根本の福寿草もまもなく2月上旬より開花予定です」と同センターの落合正宏所長。

開園は9時~16時(3月末まで)。問い合わせは同センター(電296・1800)へ。(資料・写真とも同センター提供)。


寒紅(かんこう)八重冬至(やえとおじ)

0