Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

川口農業ブランド(前編)

大きな空の下で、日の光を受けながら健やかに成長する農産物。首都東京に隣接する川口市の農業は、都市化や宅地化による農地の減少、農業従事者の高齢化や後継者不足など厳しい条件下に置かれています。  こうした
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

樹モール仮囲いをシートラッピング

 現在、再開発工事が進行中の川口駅東口にある樹モール(川口銀座商店街)。仮囲いの箇所を利用し、シートラッピングがされています。  実施へと繋げたのは、まちづくりパートナーシップ勉強会。川口栄町3丁目銀
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

見る・聴く・嗅ぐ 「万華鏡・視聴覚教室」展

 日本万華鏡博物館(川口市幸町2の1の18の101)は、夏の特別企画「見る・聞く・嗅ぐ”万華鏡・視聴覚教室”展」を9月15日まで開催中です。  1816年にスコットランドの物理学者デビット・ブリュース
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

川口の記憶展~何気ない風景もいつしか輝きを増す~

 「川口の記憶展~何気ない風景もいつしか輝きを増す~」が8月30日まで、川口市立映像・情報メディアセンター・メディアセブン(川口駅東口前、キュポ・ラ7階)で開催中です。  川口商工会議所の会報誌「MO
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

「骨~科学館にマンモス上陸~」

期間展示「骨~科学館にマンモス上陸~」が8月30日まで、川口市立科学館(川口市上青木3の12の18、SKIPシティ内)で開催中です。  動物の骨には多くの秘密があり、骨から生物の生態を理解することがで
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

FMkawaguchiで放送中

 聴くことが心地よいラジオは「…しながら」ができ、見えないことやものへの思いが想像を豊かにします。 川口市に2015年に誕生したFM川口は、市内の様々な街の情報を毎日発信。「あなたの笑顔と共に川口の今
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

安行四季咲きアジサイ(後編)

大量の数が海外にわたったそうですが、いつの間にか市内では絶滅状態。しかし近年になって、「エンドレスサマー」という名前のアジサイが輸入されました。四季咲きの性質が高く買われた海外で、西洋アジサイとの交配
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

安行四季咲きアジサイ(前編)

 植木や盆栽の産地である「安行」の名が花名に付く「安行四季咲きアジサイ」。最近、テレビや冊子で取り上げられることもあって、関心が寄せられています。 ヒメアジサイは植物学者の牧野富太郎氏が旅先で見つけた
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

蛇造り

 市史には、私たちの祖先の生活体験や風俗等を後世に伝える貴重な資料「民俗編」がある。同編の「村のまつり」のくくりに「蛇造り」がある。悪病退散と豊作祈願を懸けて、安行原地域で続ける5月の伝統行事だ。  
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+Share on LinkedInPin on PinterestEmail this to someone

石に刻まれた史実

 本紙5月号の「お勧めスポット 第81弾」は、市内の石造物を取り上げました。石造物には、建立当時の記録が刻まれており、紙の古文書と同じく歴史を物語ります。そんな石造物が語る歴史の実像に魅せられ研究され